売却に必要な手続き

マンションなどを以前購入し、それを事情ができたので売却したいと考えている場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。

まず、その売りたいと思っているマンションにどのくらいの価値があるのか、という点を不動産会社の不動産鑑定士に査定してもらう必要があります。この時、特に難しいことを覚えている必要はありませんが、よく話には耳を傾けておきましょう。本来不動産会社に査定をお願いするということは、そこの会社に連続して売却の手続きも行ってもらうことになります。

当然売却等の手続きを不動産会社に依頼しようとするならその分の仲介手数料が必要であることは覚えておきましょう。さて、その次にはそもそも買い手を見つけなければいけません。買い手が無いと売却しても意味がありません。そこで買い手が見つかれば、あとは交渉次第で条件のもとマンションを売却することができます。かなり簡単にですが、大まかな流れはこのようになっています。

流れはそうなっていますが、いわゆる『なぜ売却したいのか』という点において方法も少し異なってきます。例えばそもそも経済的な理由でマンションを売却した場合は、それらの手続きだけでなく資金繰りや借金のことなどに関しても考えなければならないかもしれません。